クレンジングにも効果

手軽な食事

クレンジングにはクリーム、ミルク、オイル、ジェルタイプなどある。 クリームタイプのメリットは油分と水分のバランスが良いため潤いを保ちつつメイクを落とすことが可能で、なおかつ肌への刺激が少ないことである。デメリットとしては、洗浄力がオイルタイプに比べて弱いことがあげられる。 ミルクタイプもクリームと同様に肌への刺激が少なく乾燥しにくい為、敏感肌や乾燥肌でもトラブルになりにくい。ただし、油分がなじむのに時間がかかるため、短時間で落とすのは不向きである。 オイルタイプはこすらず、油分が多いため短時間でメイクを落とすのに効果的である。しかし、メイクのみならず肌本来の油分も必要以上におとしてしまいがちである。乾燥肌の人には肌トラブルが生じやすい。 ジェルタイプはトロみがある水のような性質の為、肌に伸ばしやすく、さらにぬれた手でも使用できるが、商品がオイルをジェル状にしたものと、水のようなタイプでは洗浄力に差があるため、しっかり化粧をしている人はオイル状のクレンジングジェルを購入した方がメイクがしっかり落とすことができる。

私自身、マツエクをした際に低刺激でお勧めだと紹介してもらったクレンジングジェルを使用している。オイルだと、目元の接着剤が取れてしまう可能性があり、長持ちしにくくなってしまうが、クレンジングジェルであれば、まつ毛へのダメージも少なく、さらには肌へのトラブルもないので、重宝している。クレンジングジェルはオイルに比べてメイクが落ちにくいが、ジェルを肌になじませる少し手のひらで暖めて顔に乗せると、にマッサージやパックの効果も上がる。マッサージをしながら少し時間をかけると、目元のメイクもしっかり落としきることができる。また洗顔後もさっぱりとした仕上がりでベタベタしたり、パリパリになったりすることもないため、使いやすい商品である。