肌をいたわること

野菜

冬場などは肌が乾燥して肌が痛くなってしまいます。そのため、保湿クリームや化粧水と行ったアイテムで肌を守る必要がでてきます。地域によって乾燥の度合いが異なるので、自分のお住まいの地域の特徴と、自分の肌質を理解することで、適切な保湿クリームや化粧水を選ぶことが可能となります。乾燥肌となっている時は、肌の水分が失われている状態です。バリアがなくなっている状態なので、炎症を起こしやすく痒みやかぶれといった肌トラブルを招く結果となってしまいます。敏感肌の方は特に乾燥肌が原因でなってしまう方も多くあるので、乾燥肌にしないことが必要となります。敏感肌になると、今まで以上に肌に警戒をすることが必要となるので、改善を図ることが大切になってきます。

お肌のトラブルのほとんどは乾燥肌から始まります。敏感肌もそうですが、肌荒れやニキビ、たるみやシワなどの症状も保湿が足りないことで起こります。そのため、しっかりと肌を潤った状態にしてあげることが必要になります。保湿力を高める化粧水の成分として、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を含んでいる化粧水はかなり効果が高いです。セラミドは私達の肌をと同じ構造をしているので、肌に浸透させることで保湿力に爆発的があがります。生成が難しい成分であるので、セラミドが含まれていると価格が高くなることがあります。最近では合成セラミドという成分の生成に成功しているので、兼価な価格で購入も可能になるかもしれません。ヒアルロン酸は、水分を貯めこむのが上手な成分です。年齢と共に失われる成分でもあるので、化粧水や保湿クリームでカバーすることができますが、真皮まで届かないので、あくまで肌の表面を守る事に特化しています。逆に、エラスチンは真皮の弾力をもたせることができます。真皮から改善するのにオススメな成分となっています。敏感肌の場合は、通常の人よりも化粧水などに敏感になる必要があります。自分に合わない成分などを見つけることが大事な条件となります。